ビデオ10:億超えセールス・テクニック『トークの威力が10倍になる扁桃体回避術』

ビデオ10:億超えセールス・テクニック『トークの威力が10倍になる扁桃体回避術』

*ビデオが途中で止まってしまう場合や、見れない場合には*

インターネットの回線速度やパソコンのスペックによっては、動画が途中で止まったり、再生ができない場合がございます。恐れ入りますが、一度、動画を一時停止し5分ほどたってから再度、再生をしていただけますと幸いです。

*上記でも閲覧できない場合Flash Playerをダウンロードして下さい
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
youtubeヘルプを確認してください
https://support.google.com/youtube/answer/58129?hl=ja


山本です、

第10回目は、私から億超えセールス・テクニック
「トークの威力が10倍になる扁桃体回避術」をお届けします。

お客さんは残念ながら、営業マンの話を聞きません。

一生懸命に話しているのに、お客さんは全然理解できていなく、
とんちんかんな質問をされて、腰が砕けた経験は営業マンなら、
必ずあると思います。

でもお客さんは悪気があって、聞いていない訳では
ありません。

もちろんはなっから聞く気がないお客さんもいますが、
すべてそういう人ではないのです。

お客さんは、話を聞こうと思っても、聞けないのです。

営業マンがある事に注意しながら話さない限り、
お客さんは話を聞けないのです。

そのある事とは、お客さんの脳の中にある
「扁桃体(ヘントウタイ)」という器官です。

大きさはアーモンドくらいです。

こいつが営業マンにとって、災厄の敵であり、
気をつけないといけない存在なのです。

この扁桃体を回避する方法を身につければ、
瞬時にあなたのトークの威力は10倍以上になります。

扁桃体はなぜ存在するのか?

扁桃体は、どんな話ならブロックしないのか?

これがわかれば、扁桃体に邪魔されること無く、
お客さんとコミュニケーションが出来るので、
営業マン、お客さんにとってお互いがハッピーになり、
契約率はもちろん数倍に跳ね上がります。

では早速、画面上部のビデオを見始めて下さい。

ビデオをご覧頂いた後、
以下のステップを踏んでください

step1

今回のビデオを見た感想や質問など

step2

このビデオから学んで、取り入れようと
思ったこと


以上、2つの質問への回答をコメント欄、
にご入力の上、送信して下さい。

ビデオを観て学んだこと、感じたことを
コメントという形でアウトプットすることで
学んだ内容がより深くあなたの脳に刻み込まれ
億超えセールスへの一歩目を踏み出したことになります。

コメントという小さな行動をすることで、
「慣性の法則」が働き、いずれ大きな
成功を呼び寄せることになるのです。

寄せられたコメントには、すべて私が
目を通して、頂きましたご質問には出来る限り返信します。

あなたからのコメントを楽しみにしています。

山本 敦久

最近の投稿

コメント & トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By SASUKE

    毎回楽しく勉強させて頂いております。
    今回もとても実際的なお話であり勉強になりました。
    ある程度セールストークをしてそれも論理的だったり
    すると逆に相手はストップをかけようとしたりする例
    はよくあるかと思います。今回の話をもとにどうした
    ら聞き手が耳を塞がずに聞いてくれるか、考えながら
    話が出来るように考えられるようにしたいと思います。

  2. By 大富豪

    初めてコメントいたします。

    私は訪問の営業ではなく買取、なのですが、勉強になりました。
    自分でしたら。

    短期的な欲求をアピールする。今すぐ的な。
    は、

    買取してほしい金額を先に聞き出しておいて、
    それに見合った品物を出していただく・・
    結構、つまらないものを出されることが多く、
    値段のつけようがないことも多い=満足度も低い、ので。

    新しくて面白いこと。
    は、
    新サービスのご提案とか、
    導入として、自分が新しく始めて盛り上がっていることとか、
    時事ネタ。

  3. By ジュンジュン

    億越えセールス✨
    全部斬新で楽しいです!
    量販店のリフォームアポ獲得に活用させていただきます。
    ありがとうございます。

  4. By 吉田信之

    いつも貴重な情報をありがとうございます。
    扁桃体回避術、とても参考になりました。
    私は小難しい専門用語は極力さけて、わかりやすい効果をアピールするように心がけておりますが、それが正しかったと改めて感じている次第です。

コメント

*
*
* (公開されません)